So-net無料ブログ作成

4.11*CATS観劇 [観劇レポ:キャッツ]

昨日は以前書いた(⇒http://memoires-du-son.blog.so-net.ne.jp/2011-04-05 )
親友カップルといっしょにCATSを観てきました♪
とってもいい席を用意して頂いて感謝…!><

キャッツ@キャノンキャッツシアター
4月10日(日)マチネ
4.11.jpg

グリザベラ:木村智秋
ジェリーロラム=グリドルボーン:金平真弥
ジェニエニドッツ:鈴木由佳乃
ランペルティーザ:石栗絵理
ディミータ:坂田加奈子
ボンバルリーナ:西村麗子
シラバブ:五所真理子
タントミール:高倉恵美
ジェミマ:小笠真紀
ヴィクトリア:斉藤美絵子
カッサンドラ:大口朋子
オールドデュトロノミー:米田優
アスパラガス=グロールタイガー/バストファージョーンズ:飯田洋輔
マンカストラップ:武藤寛
ラム・タム・タガー:荒川務
ミストフェリーズ:松島勇気
マンゴジェリー:斎藤洋一郎
スキンブルシャンクス:劉昌明
コリコパット:横井漱
ランパスキャット:高城将一
カーバケッティ:齊藤太一
ギルバート:龍澤虎太郎
マキャヴィティ:桧山憲
タンブルブルータス:岩崎晋也 


もうほんっとに先週初めて見たとき
(⇒http://memoires-du-son.blog.so-net.ne.jp/2011-04-06 )
よりも何倍も楽しかったです♥♥♥
ちゃんと猫の名前とキャラクター、
あとキャストさんが頭の中で一致しているだけで
こんなに違うんだ…!って感じでした。
がんばって勉強したんです。
4.12.jpg

メインで踊ったり歌ったりしている猫だけでなく
そのまわりで見ている猫たちがじゃれあっていたり
あるときは暇そうにしていたりするのも少しチェックすることができました。
すると終わってからも「そういえばあのときシラバブは何してたっけ…」とか
もっと気になってきちゃって(*^^*)
特定の猫のために席を選んだりするリピーターさんが多いのも
すごく分かります…。

あたしたちは通路側から並んで座っていて
ネーミングも握手もミストフェリーズさま♥
松島さんほんっとにかっこよすぎます♥

ではこの間と違う俳優さんが演じていらっしゃった猫や
なにか印象深かったことについて少しレポしますね。

☆グリザベラ
1幕最後のMemory、歌い始める直前にかなり大きな声で赤ちゃんが泣いちゃって…
木村さん出だしのピッチがかなりズレてしまっていて歌いづらそうでした…
でも2幕のMemoryは前回「やっっぱり早水さんのイメージが…」
なんて書いてごめんなさい..ってくらい
本当に素晴らしくて鳥肌立ちました…
曲が終わってからの拍手が昨日はなくて、
会場全体が痛いくらいの静けさに包まれて..
またそれも演出のひとつのようでした。

☆ヴィクトリア
先週は土井礼子さんでしたが昨日は斉藤美絵子さん。
もう高倉さんのタントミールと同じく美猫っぷりにクラクラしました…
あの最初に月明かりの下で踊る姿の美しさは…!
前回は恥ずかしい…というか勿体ないことに
あの猫がヴィクトリアだって知らずに見ていたのもあると思いますが、
今回かなり印象に残った猫でした♥

☆シラバブ
先週は江部麻由子さんでしたが昨日は五所真理子さん。
友達のお姉ちゃんが五所さんの同級生だったそうで
毎日のバレエとお勉強をしっかり両立されていたと聞きました。
お顔が可愛いだけじゃなくてちょっとしたしぐさなんかもほんっとに可愛くて、
Memoryの透き通った声にも感動しましたが
それ以上にグリザベラに寄りそっていくときの歩き方や手の触れかたの優しさに
きゅんってきましたっ♥
電車の正面の何か(笑)を持ちながら「ふあ~…」ってあくびしていた表情も
もう忘れられないくらい可愛かった♥
猫ってああいうあくびしますよね~!

この動画のシラバブも五所さんですよね?
もう…世界一可愛い…!←しつこい
タガーにびっくりする動作も猫そのもの!
このカテコ生で観たかったなあ(>_<)!
これからもあたしの「もっと早くはまれば…」の後悔は続きそうです…(笑)

☆スキンブルシャンクス
劉昌明さん♥
お顔もお声も超タイプ…!
慣れていらっしゃるお客さんたちの
完璧な手拍子のタイミングに合わせて楽しみました(笑)
「夜行列車の~旅は~ステキ~♪」
ってずっと頭から離れない…
あと気づいたら家ではメーモリ~~♪って歌ってるか
♭シーファ♭ラーソファーレ♭ミードレー♭シドーラ♭シーを
ふんふんと歌っちゃってます..
ほんっとロイドウェーバーって凄いですよね…

☆アスパラガス=グロールタイガー/バストファージョンズ
どうしよう…
ガスとグロールタイガーが同じ方なのはさすがに分かっていましたが
バストファージョンズも飯田洋輔さんだったんですね…!
だって全然歌声違うし..「コステロールの肥満体」は相当な衣装だったんだ..
それにしてもいい声…♥
私も大好きなグリドルボーンとの歌声、
特にラストの「も~の~~~↑↑」絶品でした。
飯田さん、ビーストでも観たい!
そういえば弟さんは名古屋のオペラ座ラウルで見たことあります(^o^)

☆ジェリーロラム=グリドルボーン
金平さんジェリロの歌声はほんとに安心して聴いていられるような
優しい心地よさがあって大好きなんです♪
そしてグリドルボーンになってグロールタイガーと顔を合わせたあと
くらぁ…って倒れそうになるのって
グロールタイガーのかっこよさに「やられた~~」
っていう演技をグリドルがしている設定なのか、
それとも一瞬でもこんな変な男といちゃいちゃうするなんて演技でも
「いやだあ~~」って倒れてるのかどっちなんでしょう?
あたしは後者に見えたんですけど…(笑)
グロールタイガーが見ていないときに、
してやったり..と笑う悪女っぷりすらめちゃめちゃ可愛いかったです♥

そういえば…!
濱田めぐみさんのジェリロ=グリドル時代の動画みつけました:)
http://youtu.be/2r4elQhPpeE
声域的にもキャラなど他にもいろいろ想像つかないと思っていたけどすごい♥
そしてこれからもあたしの「もっと早くはまれば…」の後悔は続…(ry


カーテンコールは客電がついて追い出しの放送が終わってからも
1回あって半分くらいのスタオベと
木村さんの深々のお辞儀に「ブラボーーー!!!」がかかっていました。
こんなに楽しい観劇だっただけではなく
友達のおかげでそのあとも一生忘れられないくらいの時間を過ごすことができて
宝物も増えて..
もう感極まっちゃいました。
本当に本当に幸せな1日でした!



nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:演劇

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。